令和3年度税制改正大綱 個人所得課税編

2021年01月22日

  • 令和3年度改正は経済再生へ負担減重視

令和3年度の税制改正は、新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済活動との両立がテーマ。減税重視のものとなっています。

  • 住宅ローン控除の特例の延長等

住宅ローン控除は、消費税増税対策で拡充した特例(控除期間13年)の適用期限が2年延長されます。また、夫婦2人・単身世帯への配慮から、この延長した部分に限り床面積要件が「40?以上」に軽減されます。

改正前

改正後

入居:令和2年末まで

床面積:50?以上

所得:3千万円以下

入居:令和4年末まで

床面積:40?以上

所得:40〜50?未満は1千万円以下

現在では1%以下の金利でローンが組めることも多く、会計検査院から過大な優遇との指摘があり、今後の動向に注目です。

  • セルフメディケーション税制の見直し

対象をより効果的なものに重点化し、手続を簡素化した上で5年延長されます。

改正前

改正後

取組関係書類の提出が必要

明細書に取組に関する事項を記載

  • ベビーシッター利用助成を非課税に

国や自治体からの子育て助成(ベビーシッター・認可外保育施設の利用料等)は、「雑所得」として課税されていましたが、子育て支援の観点から、非課税とする措置が講じられます。

  • 退職所得課税の適正化

現行法でも特定役員退職手当等(勤続年数が5年以下の役員)については、1/2課税の適用が認められていませんでした。

今回の改正では、雇用の流動化等に配慮し、勤続年数が5年以下の従業員についても、退職所得控除後の残額が300万円を超える部分については、1/2課税の適用を認めないこととなりました。

〈 勤続5年以下の従業員の退職所得 〉

改正前

改正後

1/2課税あり

300万円以下部分…1/2課税あり

300万円超部分…1/2課税なし


コメントを入力してください。


« 前月へ  2021年02月  次月へ»

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
お問い合わせ

京都本社

〒601-8328
京都府京都市南区吉祥院九条町30番地1 江後経営ビル
TEL:075-693-6363
FAX:075-693-6565

滋賀支社

〒525-0059
滋賀県草津市野路1丁目4番15号
センシブルBLDGZEN 6F
TEL:077-569-5530
FAX:077-569-5540

大阪支社

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル31F
TEL:06-6344-1683
FAX:06-6344-1578

このページの先頭へ

京都税理士法人

075-693-6363
営業時間 平日8:45〜17:30