ごあいさつ

京都税理士法人の江後 良平

当事務所のホームページをご覧いただき、どうもありがとうございます。代表税理士の江後良平です。

我が社の経営理念は
「顧客の発展なくして我がグループの存在なし」
「社員の幸福を実現し、地域社会に貢献する」です。

これを会社の壁に額縁に入れて掲げており、毎日の朝礼では全員で復唱しています。創業当初からこの経営理念だけは変わりません。この理念を掲げ、35年間、業務の拡充をおこなってきました。

私の創業、いや、税理士を志してから約40年間の想いを少しお話させていただきます。

〜なぜ税理士として独立したのか?〜

学校の卒業が近づき、社会に出る時期が目前に近づいてきたとき、「自分は社会のために何か役立つことができるのか」ということを深く考えました。

若かったので自分の力を試してみたいという思いも強く、さらに専門性が高く、働く喜びが感じられる仕事と考えたときに、税理士しかないと感じました。

そこから税理士試験を受験するために猛勉強する日々が始まりました。

〜資格勉強中はどのような税理士を目指していたのか?〜

資格取得を目指して勉強していた20代のころから、経営に関する総合的なサービスを提供できる組織の構想を描いていました。

税理士といえば決算書を作るのが王道の仕事です。しかし、ただ決算書を作るだけではお客様に貢献しているとは言えないと漠然と考えていたのです。それなら経営の総合デパートを目指せばいいのではないかと。そうすれば経営者の悩みを全部ワンストップで受け止めることができると。

税理士になる前から今も、そのような組織を目指しております。

〜現在の事務所〜

京都税理士法人を中心に、社会保険労務士・人材派遣・企業防衛など経営に関する業務をグループ全体でおこなっています。今では組織力を生かし、あらゆる角度からの問題が解決できるよう、グループ内の各企業の枠組みを超えて特化事業にも取り組んでいます。

分野は農業・事業再生・公会計・医療・介護です。特化チームを作っている理由は、事業ごとにそれぞれ違う特徴があり、事業ごとに特有のお悩みがあるからです。それを特化チームで集約することによって、より一歩踏み込んだ提案をしたいと考えています。

〜なぜ介護事業に特化しようと思ったのか〜

介護特化チームを作ったのは、やはり日本での介護の必要性が高まっているからです。2011年よりチームを作り、介護会計はもちろんのこと、業界や制度・動向などを勉強しております。

今後団塊の世代が後期高齢者となり、今までにない超高齢化社会となるでしょう。介護業界では経営環境が激変し、度重なる制度改正への対応に追われ、介護職員の人手不足に悩まされる。

そんな中、自分にできることは何か。
それは専門性や組織力を活かして、事業者様を精一杯応援することだと思います。
事業者様が本業に集中できるよう、監査・決算を行い、資金繰りを改善し、制度改正の情報を提供し、経営計画を一緒に作って、事業に役立てていただきます。

事業者様がより良い介護サービスを実現され、いまだかつてない高齢化社会で人々が幸せに暮らしていく未来を想像します。私達は私達にできることで、その社会の実現に貢献したいと考えています。

京都税理士法人
税理士 江後 良平

無料相談受付中!075-693-6363 平日 8:45〜17:30 今すぐお気軽にお電話ください。無料メール相談はこちらをクリック!
お問い合わせ

京都税理士法人

〒601-8328
京都府京都市南区吉祥院九条町30番地1 江後経営ビル
TEL:075-693-6363
FAX:075-693-6565

このページの先頭へ

京都税理士法人

075-693-6363
営業時間 平日8:45〜17:30